岩手のおいしい米と大豆を生産・販売/二子中央営農組合/岩手県北上市

二子中央営農の米

二子の米

土作り(おいしい米づくり)品種:ひとめぼれ

毎年稲作後には、来年の米づくりのために堆肥を10a当1000kg?1200kg散布します。

耕起直前にケイカルを10a当100kg散布しています。

減農薬 減化学肥料

?種子は農薬を使用しない温湯消毒です。(60℃のお湯に10分浸湯)

?育苗は全てプール育苗とし、健全な苗を育てています。

?田植は疎植とし、日照りや風通しを良くしています。(化学肥料は10a当40kg以内としています)

安全・安心

田植一週間後くらいに除草剤(3成分)を1回使用します。(農薬使用はこの除草剤のみです)3?4日くらいは水はそのままで、畦畔の草刈は全て草刈機械で作業し、農薬は絶対使用しません。(年4?5回実施)圃場内部の雑草は全て人力手作業で処理しています。

イモチ病、カメ虫対策としても一切農薬は使用していません。(カメ虫対策としては時期をみて畦畔の草刈を実施し、また圃場内の稗処理も手作業で行っています)そして食味を考え追肥もしていません。

※万が一農薬を使用した圃場の米は、組合員の飯米として一粒たりとも農協出荷はしておりません。

刈り取り

黄金色に実ったら圃場の刈取り準備はOK、天候もOK!

刈り取り?運搬?乾燥?調整は、指導打合の通り編目1.9mmの調整としております。

そして今年もおいしくできました。


農地・水・環境保全へ加入

地域の子供会と一緒に生き物調査をしています。

減農薬栽培の長年の結果、野鳥の飛来も年々増してきています。

無農薬、無化学肥料栽培にも挑戦しています。(昨年は1.5ha)直播にも挑戦してます。

皆で圃場指導、生育調査を実施し、エコファーマー認定や地域特栽米認定にもなりました。

低農薬、減化学肥料栽培など、環境に配慮した農産物生産をモットーに、安全・安心・安定した食材の提供に努めています。

二子中央営農組合のコラム

3・11・・・あの日から来月で6年です

詳細はこちら